銀座の鞄専門店「銀座タニザワ」 ダレスバッグ・ビジネスバッグ・革鞄・ハンドバッグ。ELFはタニザワのオリジナルブランド名です。
hed
main company guide basket ordes
                                                                                                                     
     
ビジネス
ブルシリーズ
 
ビジネス
バッファローシリーズ
 
ビジネス
(ロービキシリーズ)
 
ビジネス
(フルタンシリーズ)
 
ビジネス
その他
 
カジュアル  
ハンドバッグ  
レディースカジュアル  
小物(メンズ)  
小物
(バファローカーフ)
 
小物(ウィメンズ)  
青木鞄 コーナー  
line  
参考商品  
 
 
  tel 銀座本店
03-3567-7551
平日土 10:30〜19:30
日  祭 11:00〜19:00
 
line  
  tel WEBについて
03-3567-7553
平日10:00〜17:00
 
line  
  mail
  メールはこちら
 
 
 

 
 
 
 
 

革製品のお手入れについて

小物入れやキーケースカードケース名刺入れ束入れコインケースなど製品は多種にわたります。革製品は手や身体に馴染みやすく色合いの変化を楽しめるため、一生使い続けることが可能です。しかしお手入れを疎かにしてしまうと、乾燥や湿気などの影響ですぐに劣化してしまいます。こちらでは革製品のお手入れについて、ご紹介いたします。

日常的なお手入れ

革製品を使い続けると手の油などが付着するため、革製品の保護に繋がります。しかし毎日では痛みも早くなってしまうので、週に1日か2日休ませると長持ちします。

日常的なお手入れはブラッシングと乾拭きが基本です。使い終えたら皮革ブラシなどでホコリや汚れを落とし、柔らかい布で優しく拭き取りましょう。軽度の汚れなら早めにケアすることで、ダメージを最小限に抑えられます。ただし水拭きで強くこすったり、直射日光やドライヤーを使ったりすることは避けてください。綺麗になった革製品は専用オイルや防水スプレーを施すことで、革本来の美しさを長く保つことが出来ます。

トラブル時の応急処置

小物入れや束入れなどをうっかり濡らしてしまったら、すぐに濡れた部分を乾拭きしましょう。濡れた面積が広い場合は乾いた新聞紙や布などを中に詰めて、型崩れしないように予防します。ヌメ革の場合はシミを目立たなくするため、少量の水をふくませた布で全体を拭きます。乾燥するときは風通しの良い場所で陰干しを行い、乾燥したら革の油分を補給するために専用オイルを塗って乾拭きしましょう。

ひどい汚れが革製品についたら、すぐに乾拭きを行いましょう。それでも汚れが落ちない場合は、布をぬるま湯に浸して固く絞り、汚れを拭き取ってください。そのあとに乾拭きを行って、風通しの良い場所で陰干しを行います。カビや油汚れなど、取れない汚れは無理に落とそうとせず、購入店にご相談ください。

保管について

革製品を保管する場合は湿気を避けましょう。長期間の保管であれば定期的に風を通したり、除湿剤を活用したりするなどの配慮が必要です。その際に革製品の状態もチェックして乾燥していれば専用オイルを使い、ひび割れなどを予防しましょう。

銀座タニザワは数多くの革製品を取り扱っています。通販サイトでご購入も可能です。名刺入れやコインケース、キーケースやカードケースなど豊富に取り揃えています。銀座タニザワでご購入された革製品で、お困りのことがありましたら、遠慮なくお問合せください。経験豊富なスタッフが、お手入れや修理など的確なアドバイスをさせていただきます。より良いものを長くお使いいただけるよう、銀座タニザワがお手伝いいたします。一生付き合うことが出来る革製品を、ぜひご利用ください。

 

Copyright © 銀座タニザワ WEB Center All Rights Reserved. 03-3567-7553
商号 : 株式会社銀座タニザワ   代表 : 谷澤 信一
個人情報保護ポリシー 個人情報担当者 : 榎本朗   特定商取引に関する法律に基づく表示
事務所の所在地 : 〒104-0061 東京都中央区銀座1-7-6 タニザワビル 3F